Team KSK × お客様
エピソード02

TOEIC88点アップより
大きな成果。

ネットワークサービス事業部
ネットワークシステムビジネスユニット
第2グループ

「何を目標にしたらいいですか?」

芦沢はお客様に尋ねた。「私たち、何を目標にしたらいいですか?」それまで一メンバーだった芦沢が、チームリーダーとなったときのことだ。「チームを引っ張るには何が必要で、何を目標にしたらいいか分からなかったんです。考えた末に出した結論が、『お客様の望むことを目標とするのが一番正しいだろう』でした」。

そのお客様との付き合いは、芦沢がチームリーダーとなる前に遡る。台湾のプロジェクトでは、3年間苦労をともにした。他のビジネスパートナーが撤退していく中、芦沢のチームは最後まで台湾に残り、プロジェクトを成功に導き厚い信頼関係も構築。そんなお客様の望むことを目標として、達成を目指すことは、芦沢には、正しくて自然なことと思えたのだ。

「KSKさんは、TOEIC何点ぐらい?」

お客様は、まず一級特殊陸上無線技士の資格取得を挙げた。合格率25%、おまけに当時の芦沢チームは7名全員が文系のメンバーであったが、数か月の勉強の後、ほとんどの者が合格した。「すると、間髪入れずにお客様にいわれました。『KSKさんは、TOEIC何点ぐらいなの?できればTOEICに挑戦してほしいな』」。

関は前述の台湾のプロジェクトが、入社後、そして人生初の海外勤務だった。英語はほとんどしゃべれない中での現地入り。現地でやりとりするうちに、日常生活には困らないくらいにはなったが、細かいニュアンスを伝えるまでには至らなかった。「これから仕事をする上で、海外勤務は多くなるはず。やらなければと思っていました」。

入社以来海外勤務を希望し、タイでの勤務の後に台湾のプロジェクトに参加した芦沢も、「英語は高校のときに捨てたから(笑)、不得意なまま。それに、お客様の課長は、技術力も英語力もある人。その人と仕事を続けていくには、英語力の必要性は感じていました」。

芦沢チームの次の目標が決まった。「TOEICにチーム一丸でチャレンジする」。

学習会に日報での1門1答。「補習」もあった。

早速、チーム会議を開き、メンバー全員で解決方法を話し合う。英語が堪能なメンバーを「TOEICスコア向上委員」に選出、このメンバーを中心に、さまざまな施策を進めていくことになった。

まず、メンバー全員で試験を受け、現在の実力を把握。スコア向上委員は、各自のレベルに合った参考書を選定、個人ごとの学習の進捗状況をチェックしていった。模試問題集を使用しての全体学習会や、日報メールに各自が問題を1問掲載しみんなで解くなど、さまざまな取組を実施。「私は、業務が始まる前にスコア向上委員から、『補習』を受けてました(関)」。「活動はスコア向上委員に任せていましたが、私は、チームミーティングで、英語を学ぶことの重要性をメンバーに繰り返し説き、やる気が落ちないようにしていました(芦沢)」。

お客様の一言。社内での横展開。

そして、半年後。再びTOEICの試験を受けると、チームの平均点は88点向上した。「お客様に報告に行くと、大変に喜んでいただきました。でも、一言、『現場で必要な力は、もっともっと上だけどね』とも言われました(笑)。甘かった、もっと勉強しなきゃと思いましたね(芦沢)」。

芦沢チームの試みは社内でも高い評価を受けた。現在では、スコア向上委員だったメンバーを中心に、他のグループでの講習を行ったりもしている。「横展開は、私の目標の一つでもあったので、うれしいですね(芦沢)」。

芦沢チームにもたらされた本当の成果

関は50点ほどアップした。しかし、点数以上の成果があったという。「継続的に学習に取り組むようになりました。今も、スマホに英語のリスニングソフトを入れて勉強しています」。芦沢も、また別の手応えを感じていた。「この取組以来、毎年何かしらのチーム目標を掲げて、達成を目指しています」。関もうなずく。「多分、他のチームからも、『いろいろなチーム活動に積極的に取り組むチーム』と思われているんじゃないかな」。この取組の一番の成果は、チームに、『何かにチャレンジしよう』という風土を根付かせたことにあるようだ。

芦沢博志(法学部法律学科卒、2006年入社)

ネットワークサービス事業部
ネットワークシステムビジネスユニット 第2グループ
チームリーダー

関俊一(経営学部経営学科卒、2007年卒)

ネットワークサービス事業部
ネットワークシステムビジネスユニット 第2グループ

  • リクナビ2017
  • エントリー
    リクナビへのエントリーはこちら
  • セミナーエントリー
    会社説明会のエントリーはこちら
  • 資料請求
    パンフレットや説明会情報をご郵送させて頂きます
  • プレエントリー
    転職に興味をお持ちの方へ募集情報をご案内します
  • エントリー
    今後のキャリアをKSKで築いていきたい方は、コチラ!
ページの先頭へ
Copyright ©1996-2017 KSK. Co., Ltd. All rights reserved.