株式会社KSKトップ > KSKの強み
mainVisual
個の力を何倍・何十倍にも高める組織づくり。
お客様のことを第一に考える価値観の共有。
技術力と人間力を兼ね備えた人材の育成
――私たちKSKは、これらに取り組むことで強い「現場力」を醸成。
技術・製品のコモディティ化が進むビジネス環境にあって、
高い競争力を維持しています。
KSKの強み
mainPanel01
「Team KSK」はKSKのスローガン。
 5~10名からなる少数精鋭のチームを核として、組織を運営しています。
チーム制
Down
技術・スキルの向上・平準化
属人的なスキル・ノウハウをチーム内で共有することで、チーム全体の技術・スキルが向上。特定の個人に依存しない、高品位のサービスを安定的に提供することが可能になります。
社員の「ホーム」として
社員にとってチームは、仲間と本音で付き合い、助け合う「心の拠り所」。連帯感や帰属意識を感じられる環境で、モチベーションを維持しながら業務に取り組めます。
教育・成長の場
新人や若手は、先輩と身近に接することで、社会人としての基礎や実践的な業務知識を習得。また、メンバーは互いに切磋琢磨し合い、刺激し合うことでスキルアップを実現します。さらに、チームは、チームリーダーを中心にメンバー一人ひとりによって運営され、メンバーは業務や業務以外の活動で様々な役割を担います。これにより、社員は、個性や能力を伸ばしながら、リーダーシップ・責任感・当事者意識などを身に付けていきます。
エンゲージメント(絆)を全社へ
チームの枠を超えた交流の機会を提供し、また、以下のようなエンゲージメント施策を実施することで、全社的な一体感、価値観・ビジョンの共有を実現しています。
  • 社員が定めた「KSKクレド」
  • お互いへの感謝の連鎖が結束力を高める「スマイルカード」
  • 誰もが自由に活用できるミーティングスペース「K-Square」
  • 本音で語り合う場で昭和の居酒屋コミュニケーションを再現した「HaSP(Hearts and Spirits Communication Place)」
  • 「Team KSK ECO CLUB」などの社会貢献と環境保護をテーマにした活動
  • 規範意識の高い風土をつくる「5S活動」、など
mainPanel02
CS(Customer Satisfaction=お客様満足)向上は、KSKのゴールの一つ。「技術(QCD)・信頼(安全・安心・誠実)・快適(ホスピタリティ)を三位一体で提供、お客様にご要望以上の付加価値をもたらす」を基本方針に、社員一人ひとりがその実現を目指しています。
CS向上
Down
マインドの醸成
社員は研修で、技術・ヒューマンスキル以外に、マーケットインの発想やホスピタリティの大切さなどを学びます。また、仕事の現場でも、お客様満足を追求することは常に求められます。これにより、新入社員はもちろんキャリア入社者も、CS向上を自分自身の価値観としていきます。
チーム・個人の成長とのリンク
チーム、グループ、ビジネスユニット、事業部を問わず、チームの業務・活動目標の多くは、CS向上とリンクするように設定されます。これにより、社員は一丸となってCS向上を目指しながら、チームや個人のスキル・レベルアップを実現していきます。
継続して取り組むために
継続してCS向上に取り組むために、以下のような取組を行っています。
  • お客様の評価(声)をもとにした改善活動を行うためのモニタリング調査「VOC(Voice Of Customer)」
  • ビジネスユニットでテーマを定め、実行する「CS向上委員会」の設置、など
mainPanel03
「サービスの質は人間の質そのもの」という観点から、
積極的な人材育成を行っています。
KSKカレッジ
KSKカレッジは、研修設備300席、寮も備えた本格的な教育施設。専任講師だけでなく現役のエンジニアも教壇に立つ実践的な技術研修の他、最先端技術を身に付ける研修や、ヒューマンスキル研修などが行われています。
人間力の重視
知識・スキル・技術を実際の成果として実現するための力=人間力を重視。ビジネスマナー、コミュニケーション、チームワーク、メンタルヘルス、意識・行動改革など多彩な研修が行われています。
継続した教育
先輩社員による実務に即したチーム内での教育はもちろん、資格取得やリーダーシップなど、社員のスキルアップ・キャリアプランに応じた教育を継続して行っています。
ユニークな学びの試み
研修の他にも、以下のようなユニークな学びの試みが行われています。
  • 社員自身が講師となり、チーム、グループ、ビジネスユニットを越えて様々なテーマで行われる「自主講座・学習会」
  • ジャンルを問わずお勧めの本をチーム内で発表、他のメンバーが読み感想を発表し合う「読書会」、など
UP
  • チーム制
  • CS向上
  • 人材育成
ページの先頭へ
Copyright ©1996-2016 KSK. Co., Ltd. All rights reserved.