サステナデータ(活動報告)

サステナビリティサステナデータ(活動報告)

教育投資額

  • 質の高い教育をみんなに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

KSKグループでは、技術の知識と経験を持った人材の確保と育成を経営の最優先課題と捉えております。
社員の技術力と人間力をバランスよく向上させるため、継続的に人的資本へ投資強化を図っています。

社員の資格取得率

  • 質の高い教育をみんなに
  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

KSKカレッジはもちろん、多岐に渡るオンライン研修を用意しています。
社員が学びたい時に学べる環境を提供することで、資格の取得を促し現場力を養っています。

女性の活躍推進

  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も

KSKグループでは、性別・年齢などに関わらず誰もが能力を最大限に発揮できるよう環境の整備を進めています。
女性の活躍推進に向けては、管理職に占める女性の割合が低いことなどを課題と認識し、環境整備に向けた施策を展開しています。これにより、女性社員・女性管理職の人数は5年前と比較し、いずれも約2倍に増加しています。
また、女性の育休取得後の復職率は100%となっております。
なお、女性の職場復帰を促す男性の育児休暇取得率は2022.3期で50.0%となっています。

エンゲージメントサーベイ

エンゲージメントサーベイを通じ、従業員の「働きがい」12項目を定量的に測定し、過去10年間でサーベイ結果は22.4%向上しております。
★エンゲージメントとは: ① 個人は組織への主体的参加により存在意義を見出し、② 組織は個人の働きがいを支援し、③ 個人と組織の成長が相互に連動します。

チーム力サーベイ

チーム力サーベイを通じ、 当社成長の基盤である「チ-ム制」における「協働の場」「成長の場」「帰属の場」としての従業員の意識を定量的に測定し、過去10年間でサーベイ結果は24.2%向上しております。
★チーム力の向上:① 現場力向上を通じたグループの競争力強化、② 同時にビジネスの実践による社員の自己実現 を図るものです。